磁気テクニックについて

洗足池整骨院洗足池整骨院
東京都大田区上池台2-26-9
03-3728-5028

捻挫、打撲、骨折、脱臼、スポーツ障害はもちろんのこと!
腰痛をはじめとした様々な痛みとるなら…

洗足池整骨院・整骨院ドットコム

 

磁気テクニック

磁気テクニック

磁気テクニック

 


すべての磁石エネルギーは、+と−によってできている。すべての骨も一方の端が+であり反対側の端は−である。すべての細胞も+と−のによって成り立っている。この両極のバランスは健康と大きく関係がある。もしこのバランスが失われると、病気、機能不全となっていく。

この磁気による診断法と治療法により、機能不全の箇所や病気を発見して、カイロプラクティックやサプリメントによってバランス異常を正し、正常にすることにより、病気を未然に防いだり、治療をすることができる。

◆不健康な細胞 (+の磁力の強い状態)


内蔵、器官が機能亢進の状態になっている場合には、+のエネルギーが強くなっているときで、この時には、その器官に+の磁石を置くことによって両極は++と反発し合い、それが人体の足に現れ、反応する側の足が頭方向へ引っ張られて、反対側の足よりも短くなる。これは、+の磁石を置いた所の器官が機能亢進、酸性体質、膨張、炎症などの状態になっていることを示す。


(−の磁力の強い状態)


内蔵、器官が機能低下の状態になっている場合には、−のエネルギーが強くなっているときで、その器官に−の磁石を置くことによって、両極は−−となり、反応する側の足に現れ、反応する側の足が頭方向へ引っ張られて、反対側の足よりも短くなる。これは、−の磁石を置いたところの器官が機能低下、アルカリ性体質、などの状態になっていることを示す。


◎このようなテストによって何処をどういう方法によって、治療をするかを決定し治療をするテクニックである。

その他の治療法へその他に治療法へ

治療法一覧へ戻る>>


大田区上池台2-26-9
03-3728-5028
東急池上線・洗足池下車2分

HOME || 院長から || ご案内 || 治療法 || LINK || 推薦する治療院

 

腰痛・肩こりとるなら…整骨院ドットコム

脊椎骨盤矯正、五十肩、腰痛、交通事故後遺症、ムチウチ、スポーツ傷害、挫傷(肉離れなど)、頭痛、顎関節症、頸部痛、寝違え、背部痛、腱鞘炎
バネ指、テニス肘、坐骨神経痛、膝痛、O脚矯正、足首痛、肩こり、猫背、外反母趾対策、自律神経失調症(冷え症、更年期障害)